コラム

menu


 
『ケイタイ』 2001.5

 

 カメラが付いてます。インターネットもメールも出来ます。音楽だって聴けるし、カラオケやゲームでも楽しめます。
 ノートパソコン並の液晶画面を持ち、
画像やムービーを含んだホームページも閲覧できる。もちろん銀行振り込みや電子マネーにも対応している。
 会社のコンピュータとつなげば、今週1週間のスケジュールを管理できたり、仕事で使った分の料金を会社に請求できたりもする。
 腕時計はしない。朝の目覚ましはオーケストラ。最終電車の時刻をアラームで教えてくれて、道路の渋滞情報や駐車場の空き具合もチェックできる。

 もちろん「携帯電話」のハナシ。多機能ケイタイがもてはやされている。もはや多機能なモノしか存在しない。カメラや音楽はまだ一部の機種にしか搭載されていないが、メールやインターネットにいたってはほとんどの機種が対応。
 パソコンでもともとメールは使っていたし、携帯電話なんだから電話すりゃいいじゃん、と以前は思っていた。確かに便利。

 ところが、このケイタイでの文字入力が大変。普段パソコンのキーボードに慣れているせいか、あの少ないキーでの入力はイライラしてしまう。と言ってしまうのはオッサンの証拠か。若い子にケイタイに付けて使うキーボードを勧めてみた。「いらないよ。キーボードで打つほうが遅いから…」だと。
 時代は変わる。パソコンで使っているキーボードやマウスは、今後ケイタイ型になる。いくらブラインドタッチが速くできても無駄になる。薄型液晶モニタに自分のケイタイをつなげて、コンピュータを操作する。普及しなかったけど、カラオケ屋で使うマイリモコンというのがあった。カラオケのリモコンも自分のケイタイを使うようになるのか? ということはテレビやラジオ、電子レンジなんかの操作も「マイケイタイ」で行なうようになる。

 カメラ付きのケイタイのパンフレットに「カメラレスモデルもあり!」というのが載っていた。電話ができればいい、って人の為のカメラ機能を除いたシンプルなモデルということ。
 「電話レスモデルもあります。電話機能を除いたシンプルケイタイ!」そのうち登場するのだろうか。

 「携帯電話」ではなく「ケイタイ」なのである。


文◎さかせがわてつや




menu
page top

© 2005 tetbottle , all rights reserved.