RED MENU

 



 文具の王様「銀座伊東屋」。「伊東屋」のロゴと「テットボトル」の名前が入ったコラボレーション鉛筆。といっても、伊東屋オリジナル鉛筆に「名入れ」しただけ。

 鉛筆は必需品である。原稿の受け渡しのための封筒には、ボールペンなどではなくて鉛筆で内容を記入。入稿用のMOのラベルに記入するときも鉛筆。消しゴムで消せるから再利用しやすいのである。 シャープペンではダメ。特に0.5mm以下の芯だと、消しゴムで消せても、筆跡が残りやすい。先のとがっていない鉛筆が最適なのである。だからHBなどの硬い芯より2B以上の柔らかい芯の鉛筆を好み。

 伊東屋に行くと輸入文具に目がいってしまいがちなのだが、オリジナル商品も数多い。 ホームページには「伊東屋逸品」というコーナーがあるほどである。どれもが機能を追求した商品。

  住所や電話番号、メールアドレスを入れれば名刺代わりにもなる。宣伝のためのノベルティグッズにしてもいい。特注で作ればそれなりの数量とコストがかかってしまうけど「名入れ」なら格安。
 そういえば、新しい事務所用の「普通」の名刺を作らなきゃ…。

 



カラーリングは赤、黒、白。HB。1本63円。名入れは1ダースで105円。決められた書体しか使えないのは残念。新入の時期であれば、その場で名入れしてくれる。普段は注文してから1週間ほどで出来上がる。


back
page top

© 2005 tetbottle , all rights reserved.