RED MENU

 


 始まりは約100年も前というアメリカの伝統玩具、ラジオフライヤー。写真のワゴンがスタンダード。三輪車などもある。本来は子どものためのものだが、タイヤを換えたり、ペイントしたりといったカスタムも一部で楽しまれている。
 部屋の片隅に置くだけでアメリカン。机の上のちらかった小物を片づけるのに便利だけど、転がってしまうのが難点…。どうして「ラジオフライヤー」と言うのかは、知りません。
 これを見ていると、どうしてもハンドルがカブトムシのツノにみえてくる。→gallery004



※「大」は荷台のサイズ30×20cm。「小」は16×10cm。もちろんもっと大きなサイズもラインアップされている。おもちゃ屋で購入。


back
page top

© 2005 tetbottle , all rights reserved.