ORANGE MENU

 




 何の略だか知らないが「PDA」である。電子手帳である。外を歩き回る仕事ではないので、絶対必要ないと思っていた。これが意外に便利。というか楽しい。もちろんパソコンとつながる。普段はパソコンで管理して、外出する時には持ち歩き、帰ってきたらパソコンとつなげてボタンを押すと「ピーッ」って転送されるのである。携帯電話などにつなげばネットやメールもできる。
  アメリカでは大流行だそうだが、日本ではしばらくの間、注目されなかった。最近になって価格が大幅に下がったせいか、手が出しやすくなり、大手量販店の店頭にもたくさん並んでいる。
 このPDAは大きく2種類に分けられる。「Palm OS」を使用したパーム、バイザー、クリエなどと、もうひとつは「ポケットPC」を採用しているもの。MacとWindowsみたいなもんである。写真は「米ハンドスプリング社のバイザー・デラックス」。裏側に拡張スロットがあり、MP3プレーヤーやデジタルカメラにも変身する。

 まぁ、ボクがなんで買ったかと言うと…。
言うまでもく、カラーリングです。最新のPDAはカラー液晶だったり、高性能だったりするんだけど、いかんせん本体のカラーリングが良くない。携帯電話がやっとカラフルになってきたのにねぇ…。

 大混雑の東急ハンズ手帳売場。その中に自分もいる事を考えると、やっぱりPDAはいらないような気もする。


 


※グラファイト、クリア、グリーン、ブルー、オレンジと豊富なカラーバリエーションが魅力の「デラックス」。残念ながら現在は販売していない。


back
page top

© 2005 tetbottle , all rights reserved.